活動内容

情報システムの有効活用
  ・他社事例研究
  ・システムの共同利用
   将来システムの研究
  ・ユーザ、ベンダーの協働での検討
  ・関連業界(食品業界・厨房機器業界など)との連携
   会員ネットワークによる『日々の課題解決』     
   
     
上図のように、情報管理のための規格標準化を行うことにより、使用するシステムに依存することなく、 データの送受信、システム連携、データ共有を容易に実現することができます。
  また、新しい業務システムを導入時に他の業務システムのカスタマイズが不要になるので、初期費用が抑えられ、導入からシステム始動までの時間短縮も見込めます。
   
  今後、外食企業のみならず各ベンダー間で標準化を推奨することにより、各システムとの連携が円滑化して行えます。