活動内容

情報システムの有効活用
  ・他社事例研究
  ・システムの共同利用
   将来システムの研究
  ・ユーザ、ベンダーの協働での検討
  ・関連業界(食品業界・厨房機器業界など)との連携
   会員ネットワークによる『日々の課題解決』     
   
     
上図のように、情報管理のための規格標準化を行うことにより、使用するシステムに依存することなく、 データの送受信、システム連携、データ共有を容易に実現することができます。
  また、新しい業務システムを導入時に他の業務システムのカスタマイズが不要になるので、初期費用が抑えられ、導入からシステム始動までの時間短縮も見込めます。
   
  今後、外食企業のみならず各ベンダー間で標準化を推奨することにより、各システムとの連携が円滑化して行えます。
 

お知らせ

OFSCに入会されると、OFSC標準の策定に参加できる他、OFSC標準についてメンバーと情報交換をすることも可能です。OFSCに入会して、外食企業向けの情報システムに関しての ”さきがけ” となりましょう。

入会のお申込みは、フォームから,または以下までお願いいたします。

一般社団法人オープン・フードサービス・システム・コンソーシアム(OFSC)
  事務局長 酒美保夫
東京都千代田区九段南4-7-16 ヒューリック市ヶ谷ビル 4F
  TEL
           03-5211-1441 
  電子メール:
              OFSC@4sight.jp

 

Join us

Once you join the OFSC, you will be able to participate in the development of the OFSC standard as well as exchange information with members about the OFSC standard. Join OFSC and become a "PRESTO" about information systems for food service companies.

To apply for membership, please contact the following.

Open Food Service System Consortium (OFSC)
Secretary General Yasuo Sakami.
4-7F, Hulic Ichigaya Building, 4-7-16 Kudan Minami, Chiyoda-ku, Tokyo
TEL
          +813-5121-1441
  e-mail:
          OFSC@4sight.jp