お知らせ

OFSC Bridge Open Source化のお知らせ

① OFSC BridgeのOpen Source化についてOFSC接続標準は2008年にPOS Dataの世界標準である ARTSのPOSLogをSOAP・XML環境下で用い外食産業で使われているPOS SystemやOrder Entry System からの業務用プリンターの相互運用性の向上を目指し制定されました。OFSCはその中でプリンターの共通化を実現する為の共通層OFSC Bridgeを生み出しました。その後、このOFSC Bridgeへ多くの方々から一般公開を要望され今日を迎えております。そこで、OFSCは外食産業向けApplicationの可用性を更に向上させる事を目的として、OFSCをOpen Sourceとして公開する事と致しました。以下にOFSC Bridgeのソースコードと併せて概要、動作環境、提供方法等を公開致します。

② Open Source ダウンロード( OFSC_DeviceService_Printer_Controller )
         会員様      Ver1.0.0_20171117 for Member
         非会員様  Ver1.0.0_20171117 for Non Member

③ OFSC Bridge でVender・機種非依存で動作が可能となります

④ OFSC Bridgeのソフト構造及びOpen Source化の狙い
    ⇒Applicationの自由度を上げ、新規Needsを得る事

⑤ 動作環境 OS及びSDK情報
         1 )OS:Windows7/8/8.1/10
               POSfor.NETSDK1.12、.NET Framerok 2.0~3.5
         2 )POSReady 7/2009
 

OpenSource

名前
サイズ